真颯館高校1号館改築による地鎮祭が執り行われました。

2018(平成30)年9月19日(水)、真颯館高等学校の校舎(1号館)の解体も完了し、1号館跡地に建設する新校舎の地鎮祭が執り行なわれました。

地鎮祭には、長野理事長、伊藤校長をはじめ、本学関係者および工事関係者が出席し、工事の安全を祈願しました。

いよいよ建設工事が開始され、新校舎は2019(平成31)年3月竣工(予定)、同年4月からの運用開始を目指します。